CELINE セリーヌ

CELINE
セリーヌ

|


1945年に女性実業家セリーヌ・ヴィピアナが夫リチャードとともにパリに設立したファッションブランド。もとは、自分達の子どものためにパリの靴職人の技術を生かした皮革のオーダーメイド高級子供靴専門店としてスタートした。

店の名前はデザインを担当した妻の「セリーヌ」を取って名付けられ、皮職人の技術を用い、丁寧に製造された靴は上流階級を中心にたちまち広まり、子どもたちの成長に伴って顧客が増加。この革靴はデザイン的な素晴らしさがあるだけではなく、医学的観点からも計算されている安全性の高い靴であり、最高級の皮革を使って一流の革職人が作り上げられているこだわりがあった。このこだわりに子どもたちの親である婦人達も注目し、その要望に応えるように1959年から婦人靴の分野にも進出することとなった。

この成功を受けて1960年代以降、女性向けの服、バッグ、アクセサリーなどにも進出し、1967年からプレタポルテコレクションを開始した。上品かつ美しい、落ち着いた、女性らしさを追求した無駄のないデザインで、世界中に多くのファンを持つ。